フェイシャルリフレクソロジー


フェイシャルリフレクソロジーとは、デンマーク出身のリフレクソロジスト、ロネ・ソレンセンよって編み出されたセラピー。
リフレクソロジーと言えば足裏ツボマッサージ!これのお顔版ですね~。
顔の方が脳に近い分、効き目が早いということでしょうか?^^
でもこういうの好き~♪お顔のツボにアプローチすると痛キモチいい!

その効果は、ビューティーリフレクソロジー(コスモリフト)を4回受けたロネ自身のビフォー&アフターを見れば一目瞭然!肌の質感とハリが違いますねぇ!

beforeafter

スペイン発ソレンセン式フェイシャルリフレクソロジーとは

誕生からおよそ30年、反射学・解剖学に加え、中医学・南米のゾーンチャートなどを採用したそのユニークで医師や学者などからも注目される手技は、ヨーロッパや南米各地を始め、近代医療施設にアクセスがない国々や統合医療先進国でも根付き進化してきました。

顔は脳に近いため、ここに無数に点在するツボや神経ポイントを刺激すると早く信号が伝わると言われます。フェイシャルリフレクソロジーではこの点に注目し、また特定の身体症状に対してアプローチするのではなく、滞りのあるポイントを探しそこに働きかけることで、結果的に症状の改善を図っていくという東洋医学と非常に近い考え方でクライアントにトリートメントを行っていきます。また、生まれたての赤ちゃんからターミナルケアを受けているクライアントまで、誰でも受けることが可能であるという点でも、フェイシャルリフレクソロジーが大変画期的でパワフルなトリートメントとされる所以があるのです。

創始者ロネ・ソレンセン

リフレクソロジーの聖地とも言われるデンマークに国籍を持ち、現在はバルセロナ在住リフレクソロジスト。世界各国で60以上もの自然療法を修得しています。

彼女はこれまで、西洋医学では限界のある症状・・・重度なものでは脳障害、学習障害児、ダウン症、多発性硬化症等で悩むクライアントに対しフェイシャルリフレクソロジートリートメントを施し、それらの症状改善とクライアントのクオリティー・オブ・ライフ向上をはかってきました。

政情不安や貧困、地理的条件などから西洋医学の治療が十分に受けることができない国や地域で暮らす人々や、そこで活動する支援団体などから届く多くの問い合わせに対しても、ロネはボランティアで対応しています。また、2004年には Global Reflexology Network 協会を立ち上げ、会員から寄せられる症例に関する質問や相談などにも精力的に応じています。年間40以上の海外出張をこなす彼女は、今世界で最も多忙で有名なリフレクソロジストのひとりだと言えるでしょう。

http://www.facialreflexology.jp/

YouTubeで動画が公開されてるよ♪


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">