脂質とは?


脂質は、細胞膜・血液・ホルモンなどの原料となり、ビタミンA・D・Eなどの脂溶性ビタミンの吸収を助けます。
また、1gあたりのエネルギーが9kcalと高カロリーで、エネルギー源として使われます。
脂肪の中には、体内で合成されない「必須脂肪酸」というものがあり、 リノール酸は最も重要な必須脂肪酸で、特に幼児の成長・発育に重要な働きをします。 また脂肪酸は、血圧や血液凝固、炎症や他の体の機能のコントロールを助けます。

脂質の種類
単純脂質・・・グリセロールと脂肪酸エステル
中性脂肪と呼ばれるもので、脂肪の中では最も量が多いものです。膵液と腸液に含まれているリパーゼ(脂肪分解酵素)により加水分解され、 グリセロールと脂肪酸にわかれ、グリセロールは小腸で吸収されます。
複合脂質・・・リン脂質、糖脂質
リン脂質は、分子内にリン酸を持った脂質で、レシチンやケファリンなどがあります。ケファリンは、特に脳・神経組織に多く存在します。 糖脂質は、脂肪酸とガラクトースの化合物で、フレノシンやケラシンなどがあります。主に、脳の構成分として存在するものです。
誘導脂質・・・コレステロール

脂肪酸の種類
飽和脂肪酸
いわゆる「悪玉コレステロール(LDL)」と呼ばれているものです。
不飽和脂肪酸
いわゆる「善玉コレステロール(HDL)」と呼ばれているものです。飽和脂肪酸を減らす作用があります。

「一価不飽和脂肪酸」と呼ばれるオレイン酸は体内で合成できますが、リノール酸(オメガ-6)、リノレン酸(オメガ-3)、アラキドン酸、エイコサペンタエン酸(EPA)、 ドコサヘキサエン酸(DHA)などは、体内で合成できないため、「必須脂肪酸」と呼ばれています。 身体の構成成分として不可欠なので、食事やサプリメントから一定量を摂らなければなりません。


美容と脂質
健康な皮膚や頭髪は、脂質によって保たれています。1日の食事の総カロリーのうち、 脂質は10~25%が理想です。若い女性の間では「油抜きダイエット」なるものが流行っていますが、油分が極端に不足すると、 抜け毛やお肌がカサカサになったりします。 また、ホルモンのバランスが崩れ、生理不順や不妊症の危険性もあります。

脂質は、摂る油・脂肪の「」が問題なのです。不飽和脂肪酸が多く含まれている食品を摂る事で、上手に脂質と付き合っていきましょう。 不飽和脂肪酸は、青魚(イワシ、サバ、ニシン、サンマ)やマグロ、鮭、ウナギ、オリーブ油などに多く含まれています。同時に食物繊維の摂取もお忘れなく。。。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">