三大栄養素・五大栄養素とは?


炭水化物・脂肪・タンパク質は、「三大栄養素(三大熱量素)」と言い、生命の維持・成長に必要なエネルギーを供給し、身体の構成素となる栄養素です。

ビタミン・ミネラルは、これが無いと生命が全きを保つことができないため、 「保全素」と言い、生命が円滑な代謝を営むのに必要な微量成分です。これらを総称して「五大栄養素」と言います。

三大栄養素(タンパク質・脂肪・炭水化物)をエネルギーや身体の構成分として利用するためには、分解して化学反応を起こさなければなりません。これを「代謝」と言います。この代謝を促進する役割をするのが「酵素」です。

ほとんどのビタミンは、この酵素のうち体内で合成不可能な「補酵素であり、不足すると代謝が滞ってしまいます。体内では合成できないため、食事から摂り続ける必要があります。またビタミンはそれぞれが相互作用によって働きますので、バランスよく摂る必要があります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">