炭水化物


炭水化物とは?
炭水化物(糖質)・脂肪・タンパク質は、「三大栄養素(三大熱量素)」と言い、生命の維持・成長に必要なエネルギーを供給し、身体の構成素となる栄養素です。
炭水化物は、単糖が多数結合したもので、糖質食物繊維に分類されます。炭水化物には、1~数個の単糖が結合した「単純炭水化物」と、多数の単糖が複雑に結合した「複合炭水化物」があります。

摂取された炭水化物は、消化酵素の働きにより単糖類へ分解された後、小腸から吸収されます。小腸より吸収された単糖類は、血液によって肝臓や筋肉組織に取り込まれ、グリコーゲンとして貯えられたり、アミノ酸の合成材料となったり、ブドウ糖(グルコース)として脳をはじめ身体全体に運ばれます。

糖質の役目
人体の主なエネルギー源として利用されます。特に脳や神経系に関しては唯一のエネルギー源ですので、不足すると頭の働きが鈍ってきます。燃焼スピードが速いため、体内に入るとすぐにエネルギーとなってくれます。

糖質は、ビタミンB1と一緒に摂ることによって、効率よくエネルギーにすることができます。
しかし、あまり糖質を多く摂りつづけるとインシュリンの分泌が低下し、糖尿病の原因となります。また、余分な糖質は脂肪となり、肥満、高脂血症、脂肪肝、動脈硬化などの原因となる恐れもあります。

糖質の種類
多糖類(デンプン・グリコーゲンなど)
穀物に含まれている糖類は主にデンプンです。デンプンの分子には、ブドウ糖が鎖状に結合したアミロースと、枝分かれして結合したアミロペクチンがあります。

デンプンは体内でそのまま吸収されず、デンプン分解酵素であるアミラーゼにより加水分解され、デキストリンとなり、最後に麦芽糖となります。そして腸でマルターゼにより加水分解され、2分子であった麦芽糖が、ブドウ糖1分子x2個となり、ブドウ糖になって初めて吸収されるのです。(デンプン → デキストリン → 麦芽糖 → ブドウ糖

グリコーゲンは、動物の体内に吸収されたブドウ糖が肝臓や筋肉に貯蔵されるときに作られる化合物で、主にエネルギー源として利用されます。
疲労回復時にブドウ糖を摂ると良いのは、最初から分解されている状態なので、それだけ体内でエネルギーとなるのが早いからです。

ニ糖類(ショ糖・麦芽糖・乳糖)
加水分解により1分子から2分子の単糖類を生じます。
砂糖である「ショ糖」は、エネルギー源としてはデンプンと同じですが、デンプンより消化吸収が早く、肥満を招きやすいとされています。また虫歯にもなりやすいです。糖質を摂る場合はデンプンから摂った方が良いとされるのは、このためです。

乳糖」は牛乳に含まれています。子供の時は、この乳糖を分解する酵素が体内で自然に作られるのですが、大人になると生成される量が減るか、もしくは作られなくなります。牛乳を飲むと下痢をするような場合は、この酵素が作られていないのかもしれません。この乳糖を別の糖質に置き換えた牛乳もありますので、そちらを試されてはいかがでしょうか?

単糖類(ブドウ糖・果糖・ガラクトース・リボースなど)
加水分解しても、糖類としてこれ以上分けられないものを単糖類と呼びます。

美容と糖質
糖質=甘いもの(砂糖・蜂蜜・ケーキ・和菓子・果物類)だけではありません。アルコール類や、根菜類・パン・麺類・ご飯などに含まれている炭水化物も糖質に変わります。実は意外と多くの食品が糖質なのです。
ダイエットをしていて、糖質を全く摂らない状態が続くと、頭の働きが鈍くなったりします。脳はブドウ糖が唯一のエネルギー源ですから、ダイエット中でも、適度な糖質の摂取が必要なのです。
糖質が不足すると、肝臓に蓄えられているグリコーゲンをブドウ糖に分解しますので、肝臓の解毒作用が低下して、 肌荒れの原因となります。さらに不足分を補うために、体内のタンパク質を分解してブドウ糖を合成しますので、病気に対する抵抗力が弱まったり、疲れやすくなったりします。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">