脂溶性ビタミン


脂溶性ビタミン(ビタミンA・D・E・K)は、摂取しても使い切れなかった分は翌日以降に持ち越されますので、摂りだめがききます。しかし、大量に摂ると過剰症になる場合もあります。 サプリメント等で摂取している方は注意が必要です。

ビタミンA
【生理作用】
視力低下防止。皮膚・粘膜・目の網膜の正常維持。免疫力強化。抗ガン作用。胎児・子供の成長促進。臓器の機能正常維持。生殖作用維持。抗酸化作用。
【過剰症】
食欲不振、頭痛・吐き気、身体の痒み、脱毛、肝臓肥大、唇のひび割れ、神経過敏。
【欠乏症】
夜盲症、暗順応低下、皮膚乾燥、鮫肌、角膜乾燥症、脱毛、成長期の発育不全。
【含まれている食品】
レバー(鶏、豚、牛)、あんきも、ウナギ、銀ダラ、蛍イカ、にんじん、ほうれん草、からし菜、明日葉、抹茶

ビタミンD
【生理作用】
「日光のビタミン」 筋肉機能増強。インシュリン分泌に関与。腸粘膜内カルシウムとリンの吸収促進。骨端部の化骨時のカルシウム沈着促進。細胞の分化作用(異常細胞の正常化)。
【過剰症】
喉の渇き、身体の痒み、下痢、頻尿、カルシウム代謝と滞らせる
【欠乏症】
子供のくる病、骨軟化症、骨粗鬆症、虫歯、歯槽膿漏、歯茎の炎症、関節の腫れ、高リン血症、貧血、食欲減退、不眠、肩こり、腰痛、抜け毛、動脈硬化
【含まれている食品】
きくらげ(乾)、かつお、あんきも、ニシン、鮭、いくら、干ししいたけ、うなぎ、まぐろ

ビタミンE
【生理作用】
「妊娠・出産のビタミン」 過酸化脂質分解。抗酸化物質。黄体ホルモン・生殖ホルモンの分泌促進、生殖機能増強。赤血球膜脂質・リポタンパク質の酸化予防。核酸の合成に関与。毛細血管の血行促進。酵素の利用効率を高める。
【過剰症】
特になし。
【欠乏症】
更年期障害、早老、心疾患、冷え症、不妊、生殖不能、流産、ボケ、シミ、シワ、肩こり、溶血性貧血
【含まれている食品】
アーモンド、へーゼルナッツ、うなぎ、たらこ、ひまわり油、落花生、カボチャ、あんきも、ごま油

ビタミンK
【生理作用】
「血液凝固のビタミン」 カルシウムの代謝に関与。プロトロンビンの合成に関与。解毒作用。利尿作用。
【過剰症】
吐き気、呼吸困難、血圧低下、肝臓障害、容血性貧血・高ビリルビン血症などの血液症状。
【欠乏症】
出血時に血が止まらない、鼻血が良く出る、骨がもろい、新生児の出血、各体組織の出血、生理の量が多い
【含まれている食品】
お茶(抹茶、煎茶)海苔、納豆、わかめ、キャベツ、パセリ、シソ、モロヘイヤ、明日葉など。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">